vioゾーン どうやって自己処理する?

女性のみなさんはvioゾーン、どうやってお手入れしていますか?自己処理するのが怖い…と思っていても、いざ「明日海行くんだ、ビキニ着るんだった!」ってなると、自分でアンダーヘアを処理しなきゃいけないこと、おそらくあるんじゃないでしょうか?やっぱり安全な方法で処理したいですよね!今回はvioゾーンの適切なお手入れ方法を紹介していきます。

Vラインを自分で処理する方法は?

まずVラインを処理するといっても、具体的にどこを処理すればよいのか分からない…という人も多いのではないでしょうか?Vラインの処理にはふたつのポイントを押さえることが重要です。それはずばり。アンダーヘアの「長さ」と「面積」を減らすことです。それぞれ、使う器具などを変えると良いでしょう。まず、長さを整えることに関してですが、これにはヒートカッターを使うのが良いでしょう。もちろんハサミでもできますが、毛先が鋭利になってしまい、下着を突き抜けたり、チクチクして不快になることが多いためです。面積を減らすのには、電気シェーバーがおすすめです。剃刀を使うと、皮膚を傷つけてしますことがあり、危険です。もちろんワックスや除毛クリームを使う方法もありますが、使用に際には説明書をきっちりと確認しましょう。

Iラインを自分で処理する方法は?

話はそれますが、脱毛サロンのキレイモが開発した化粧品はちょっとお勧めです。キレイモが開発した化粧水を徹底解説!効果や成分、口コミまとめ
・・・高いけど。
Iラインは最もデリケートな部分ですね。自分ではなかなか見えにくい部分でもあります。処理するときは、鏡を使用した方が良いでしょう。長さをカットした後は、電気シェーバーを使って処理することになると思います。ポイントとしては、片方のあいている手で皮膚を外側に引っ張り、内側から外側へと剃っていくことです。この、皮膚を引っ張る、という作業により、電気シェーバーが皮膚に密着するので、皮膚への負担が少なくなるのです。しかし、このIラインの自己処理は傷つきやすく、黒ずんでしまうため、リスクが高いです。脱毛サロンなどでプロに処理してもらう方が、こうしたリスクを負うよりはずっと良いかもしれません。今ではお手頃な価格の脱毛サロンもたくさんあります。

Oラインを自分で処理する方法は?

Oラインは肛門周辺の毛のことですね。この部分の毛は自分では気づきにくいですし、普段から処理している…という人は少ないかもしれません。しかし一度気になってしまうと、彼氏などに幻滅されることを恐れて、剃らずにはいられない部分かもしれませんね。もちろん、Oラインの処理にも鏡を使うことは必須です。Iラインの処理と異なるのは、電気シェーバーで剃るときに、外側から内側へと剃っていくことです。このとき、お尻の曲線に沿うようにして剃っていきましょう。ただし、この部分も自分の目で見えないために、怪我をする危険性もある程度考えられます。やはりプロにやってもらうのが、安心感があってきれいにできるため、良いかと思います。

vioラインの自己処理は意外と大変!?

これを読んだみなさん、今までいい加減な方法でvioの処理をしていた…なんて人も多かったのではないでしょうか?vioゾーンは非常にデリケートですので、正しい方法での自己処理が必須です。ただ、やはりゾーンの処理などには、自力でやることに限界もあります。自己処理を続けると黒ずみの原因にもなりかねません。気になる人には、やはり脱毛サロンでのプロの施術ををおすすめしたいですね。