デリケートなVIOパートを自己処理する際の注意点と正しいやり方

VIOは女性にとって非常に気になるムダ毛ゾーンです。しかし非常にデリケートな箇所であることから、自己処理は難しいイメージがあることと思います。今回はそんなVIOゾーンの自己処理の方法について、詳しくご紹介していきます。

VIOゾーンの処理をお勧めする2つの理由、見た目の問題だけではない!

水着を着る機会が多くなる夏になると、Vラインなどを中心に処理する方がたくさんいらっしゃると思います。

見た目の問題をきっかけに、VIO処理を始めようと思われた方が多いと思いますが、実はVIOを処理することによって得られるメリットは他にもたくさんあります。

見た目以外の理由で、処理をお勧めする大きな理由は、衛生面での問題の解消です。

VIOを処理していないと、どうしても下着の中でムレやすくなってしまいます。

またそのムレが原因で、ニオイが発生したり、かぶれやかゆみといった皮膚に影響が出たりすることがあります。

特に生理中ですと状況はますます悪化し、衛生面ではあまりよろしくない状態になってしまいます。

VIOの処理をすることによって、ムレにくくなり、これらのトラブルが大幅に解消されます。

ですから、VIOパーツは見た目の問題以外にも、衛生面の問題において、是非お手入れしていただきたい箇所です。

VIOの自己処理に電気シェーバーをお勧めする理由、通常の剃刀ではだめ!

ムダ毛の自己処理には様々な方法があります。

毛根から毛抜きなどで抜き取ってしまう方法、剃刀を使う方法、電気シェーバーを使う方法などなど。

最近ではサロンやクリニックに行かなくても、ご家庭で処理できるフラッシュ脱毛機材なども市場に出回っていますね。

結論から言いますと、VIOの自己処理には電気シェーバーが一番です。

なぜかといいますと、電気シェーバーの場合は直接刃を肌にあてることなく、ムダ毛を処理していくため、肌への負担が非常に少ないためです。

一般の剃刀などは、刃を直接肌にあてて剃っていく為、確かにツルツルにきれいに仕上がりますが、実際には肌の表面を傷つけたり、深剃りになっていたりと、後々肌トラブルになってしまう危険性が非常に高いです。

腕や足といったパーツの自己処理ならまだしも、非常に繊細なVIOゾーンの処理ですから、その後のリスクを考えると、通常の剃刀は使用しないほうがよいでしょう。

また毛抜きの使用を考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが、毛抜きは毛穴を傷つける危険性が非常に高く、あとから炎症を起こしたり、埋没毛になってしまうなどのトラブルがつきものなので、こちらもお勧めしません。

電気シェーバーを使用した正しいVIOの自己処理方法について

VIOの自己処理には電気シェーバーが一番ということをお話しました。

それでは、実際にどのように電気シェーバーで処理していくのかをご紹介します。

先ほどもお話したとおり、電気シェーバーでのムダ毛処理は、肌に直接触れずに毛を処理してくれるので、その後の肌トラブルを防ぐことが出来ます。

実際に処理を始めていく前に、まずはどのような形で処理していくかを決めましょう。

最も人気なデザインとしては、自然な形の小さい逆三角形です。

中心部分を残して、下着や水着からはみ出ている部分だけカットするデザインです。

そのほかには、中心部分を残した卵形や四角形などのバリエーションもあります。

好きな形を決めたら、水性ペンなど落ちやすいペンで、形を書いていくと失敗しにくいです。

実際にシェーバーを当てていく前に、処理する箇所に蒸しタオルで毛を柔らかくすると、処理しやすいです。

また処理する部分の毛が長く伸びている場合は、はさみやヒートカッターなどを使い、毛を短くしましょう。そうすることでスムーズにシェービングしていけます。

シェービングが終わったら、ローションでしっかり保湿をして終了です。

VIOの自己処理には電気シェーバー、長い毛は予め短くカット

以上、VIO処理を行うべき理由について、電気シェーバーがお勧め名理由、また電気シェーバーを使った自己処理の方法についてご紹介しました。

デリケートな箇所ゆえに、サロンやクリニックでの脱毛が推奨されがちな箇所ですが、今回ご紹介した注意点を守って、適切な方法を是非参考にしていただければと思います。